前へ
次へ

行政書士になるために必要な費用

行政書士とは、官公庁に提出する書類、権利義務や事実証明に関する書類の代理作成、代理提出、作成相談に応じる国家資格の業務です。法律系に関わる業務が様々ある中の1つの職業です。その行政書士になるためには、1年間に1度行われる国家試験に合格する必要があります。試験費用は7千円であり、その他の法律系の資格に比べても、安い費用で受験することができます。行政書士の試験に向けて、学習をするためには、自分1人で教材に沿って学習を進める独学と専門学校、予備校などに通って学習する方法とあります。もちろん、どちらの学習方法でも合格することはできますが、より安い価格なのは独学です。現在では通信教育の内容も充実しているため、それらを使用した独学の人も多いです。

Page Top