前へ
次へ

税理士の試験制度と合格率

税理士の試験は科目別合格制のため、それぞれの科目によって合格率が異なってきます。全部で5科目あり、税法に関する科目では選択制になっています。そのため選択制になっている科目では、自分が得意とする分野を選ぶことができます。科目別に合格率が異なってきますが、ほぼ全体的に平均すると10%から20%前後になります。そして税理士の試験は国家試験の中でも厳しいとされていますが、勉強をすることで高度な専門知識を有することができます。税理士の試験に合格するためには、5科目すべてで60%以上の得点が必要になります。ただし一年に1科目ずつ合格して、その合格をずっと有することができる試験制度です。そのため何年もかかけて勉強して、試験を受けることができます。それは1科目や2科目をしっかりと勉強することで、自分の合格率を上げることができます。

Page Top