前へ
次へ

雇用主と就業者間の損害賠償について

結論からすれば、会社が従業員に損害賠償を請求することは、不可能ではないものの非常に難しいと言えます。過去、過失が認められた事例でも、損害の全額が認められたことはありません。会社は従業員を指揮命令する立場にあり、従業員の労働をもって利益を得ていることから、会社にも負担すべき責任があるという考え方が主流です。例え過失があっても、故意であったり、重大な過失とは認められないケースでは、賠償請求は棄却されることも多いことを知っておくべきでしょう。簡単に言えば、会社から従業員への賠償請求が認められないのは、労務提供の過程で生じる通常のミスによる損害です。また、認められても賠償請求が制限されるのは、ミスの程度や動機、従業員の労働状況や会社の管理体制などが問われる場合です。一方で、賠償請求が一切制限されないケースもあります。例えば従業員が横領や背任など悪質な不正行為を行っていた場合などは、ほとんどのケースで賠償額の制限は考慮されません。

Page Top