前へ
次へ

税理士登録は税理士法で規定されています。

税理士は税金問題の専門家として、「税務代理行為」、「税務書類の作成」、「税務相談」などの税理士業務を行うと税理士法で規定されています。この「税務代理行為」、「税務書類の作成」、「税務相談」については、税理士又は税理士法人以外の者が行うことは、有償・無償にかかわらず、法律で禁止されています。税理士となる資格を有する者が、税理士となるには、社員税理士、所属税理士又は開業税理士のいずれか一つの税理士として登録する必要があると、税理士法で規定されています。また、その登録の区分が変更された場合には、変更の登録を申請する必要があります。税理士は、事務所を設置する区域を管轄する税理士会へ登録申請を行う必要があります。

Page Top